忍者ブログ
|| Admin ||
Life is a pure flame, and we live by an invisible sun within us.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/17 (Tue)
 あの「なんとか還元水」の疑惑はどうなってしまったのだろう。統一地方選や、中国の温家宝首相来日の陰に隠れて、松岡農水相は頬被(ほおかむ)りを決め込むつもりなのか。

 关于那个“还原水”的疑问结果到底怎样了呢?乘着大家关注统一地方选举和中国温家宝总理来日访问的机会,松冈农林水产大臣打算就此蒙混过关吗?

 安倍内閣はどうもちぐはぐだ。一方に「貞操義務」を説く法相がいるかと思えば、他方で政治家の徳性にうとい農水相がいる。光熱水費をめぐる疑惑に、法律に則(のっと)った報告はしている、と開き直ったきりだ。

 安倍内阁似乎总是麻烦不断。一方面是法务大臣在鼓吹“贞操义务”,再一方面是农林水产大臣无视于政治家的道德。在有关光热水电费用的问题上,以松冈是遵照法律提交报告为由,如此开脱了事。
 折しも首相直属の教育再生会議が、道徳の「教科」への格上げを提言するという。賛否はさまざまだろう。だが現職閣僚が「法さえ破らなければいい」という了見では、首相のこだわる徳育も色あせてしまう。法律のすきまも埋めるのが、徳性というものだろう。

 据说恰巧此时在首相直属的教育再讨论会议上,有提议说要提高道德“学科”的地位。赞成与否众说纷纭。但是现任内阁成员所秉持的“只要不违法就行”的观念,令首相所坚持的德育也相形失色。能够填补起法律漏洞的,不就是所谓的道德吗。

 道徳教育の強化は、夏の参院選に向けて安倍カラーを際だたせる売り物の一つだという。33年前の参院選でも、徳性が話題になった。田中角栄首相は経済界から巨額のカネを集め、空前の金権選挙を繰り広げていた。そのさなかに、文部大臣が社会教育審議会に「青少年の徳性の涵養(かん・よう)について」の具体策を諮問した。

 强化道德教育,据说是针对夏季参议院选举所推出的令安倍色彩更为耀眼的卖点之一。在33年前的参议院选举中,道德也是热门话题。田中角荣首相自经济界筹集了巨额资金,开展了空前的“金钱选举”。就在其高潮时期,文化部大臣就“关于青少年的道德涵养问题”向社会教育审议会征求具体的方针政策。

 「よくまあ、恥ずかし気もなく」。当時、この欄の筆者だった深代惇郎記者は憤った。青少年を憂えるより、政界について心配する方が先ではないか、と大臣を批判した。人間や制度のウソが明々白々となりながら、それに責任を持つ人たちが、自分のことは知らん顔で説教する――。「こうしたことこそ道徳的退廃の最たるもの」と厳しい筆を走らせた。

 “真是不错,全都毫无羞耻心。”当时,本专栏的笔者深代惇郎记者愤慨道。他批判大臣说,比起担忧青少年的问题,不是该先担心一下政界方面的问题吗?在人与制度的谎言已天下大白的同时,该为此负起责任的人们,却用一副对自己的行为毫不知情的脸孔说教着。“如此的所作所为才是最严重的道德颓败”,深代记者以严厉的笔锋指责道。

 同じ憤りをおぼえつつ、政治家のモラルの十年一日ぶりを嘆く。

 笔者在同样感到愤怒的同时,也感叹政治家的道德真是十年如一日。

拍手[0回]

PR
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]