忍者ブログ
|| Admin ||
Life is a pure flame, and we live by an invisible sun within us.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/07/29 (Sat)

 米国で「平等をもたらす装置」と呼ばれるものがある。それは銃だと、日本人が想像するのは難しい。相手が屈強でも銃を持てば対等になれるという、開拓時代の自衛思想に根ざしている。

 美国有一种被称为“带来平等的装置”。那就是枪,对此日本人难以想像。据说即是对方再怎么强大,只要有枪在手就能与之平等相对,这起源于美国开拓时代的自卫思想。

 米国にいた5年前、南部の町で女性を狙った連続殺人が起きた。取材に行くと、ある銃器店で護身用の銃が300丁も売れていた。買った9割は女性だった。「社会に恐怖があるときは、弱い人ほど銃を買う」。そんな店主の言葉が記憶に残る。

 5年前,笔者身在美国时,在南部的城市发生了以女性为袭击目标的连续杀人事件。前去采访,某枪械店已售出防身用的枪支约300支。而顾客中有9成是女性。“当社会充斥着恐怖的时候,越是弱小的人越需要买枪防身。”那时店主所说的话一直留在笔者的脑海中。

 銃による凶悪犯罪が起きるたびに、銃とは無縁だった人まで銃で身構える。不毛な繰り返しを重ねたあげく、米国にはいま約2億丁もの銃が出回っている。犯罪も多いが、手近に銃があるばかりに、ささいなトラブルで家族など身近な人を殺傷してしまう悲劇が後を絶たない。

 持枪行凶的犯罪行为时常发生,以往与枪无缘的人都会备枪防身。最终形成恶性循环,美国现在约有2亿支枪充斥在市面上。持枪犯罪也在增多,由于枪支变得随手可得,造成因一点小矛盾就开枪射杀家人等周遭人的这类悲剧不断发生。

 米国の大学で銃の乱射が起き、30人以上が死亡する米史上最悪の銃撃事件となった。まだ不明な点が多いが、犯行に銃さえ使われなければ、これほどの惨事にはならなかっただろう。

 16日,美国的大学校园发生一起乱枪扫射事件,造成30多人死亡,成为美国历史上最恶劣的枪击事件。虽然还有很多疑点尚未查明,但如果案件中犯人不是持枪行凶的话,也就不会造成如此严重的惨剧吧。

 悲痛な声明を出したブッシュ大統領は、「国民が銃を持つ権利」を擁護してきた。「銃が人を殺すのではなく、人が殺すのだ」が擁護派の常套句(じょうとうく)である。だがこうした事件を見ると、やはり「銃が人を殺す」との思いをぬぐえない。

 发表了悲痛声明的布什总统依旧是拥护“国民有持枪权利”。“枪不杀人人杀人”是拥护派的口头禅。但是由这次事件看来,果然还是无法让人消去“枪杀人”的想法。

 「撃たれる前に撃つ権利がある」。これも擁護派の言い分だ。今回も、「他の誰かが銃を持っていたら」と残念がる声があると聞く。それが“平等”ということなのか。日常に2億丁の銃を潜ませる米社会の、闇の深さを見る思いがする。 

 “在被枪击前有枪击人的权利”,这也是拥护派的观点。这次又听到了“如果其他人中也有人有枪的话”之类深表遗憾的感言。这就是所谓的“平等”吗?有2亿支枪潜藏在日常生活中,可以想见美国社会的阴暗面之深。


P.S. 16日,美国某大学校园发生枪击案,死亡人数达33人,犯人是个20多岁的韩国学生……
真是有够BT的,之前竟然还乱传说是中国人干的 %#^$@*

拍手[0回]

PR
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]