忍者ブログ
|| Admin ||
Life is a pure flame, and we live by an invisible sun within us.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/17 (Tue)
 前輪の出ない飛行機が下りてきた。後輪が滑走路をつかみ、二輪で走る。やがて機首の下が滑走路に着いて火花が散ったが、幸い火災にはならず、全員が無事帰還した。

 前轮无法弹出的飞机被迫降落了。后轮紧贴着跑道,飞机靠着两只轮子来滑行。不久,飞机头部与跑道相摩擦火花四散,所幸并未引起火灾,机上全员安全着陆。

 大阪から高知に向かっていた全日空機が、胴体着陸した。危機への対処が、全体としてうまくいったのだろう。着陸後、機内では大きな拍手がわいたという。

 从大阪飞往高知的全日空航班,机身安全着陆了。据报道由于对危机的正确处理,使得机上全员都安然无恙。飞机着陆后,机舱内传出阵阵响亮的掌声。

 40年前、大阪発大分行きの全日空機で、右の後輪が出なくなった。大阪空港に引き返し、左の後輪と前輪で無事に胴体着陸した。この時の機長だった茂木敏夫さんが、当時のことを記している。前年は、羽田空港沖や松山沖などで4件もの墜落事故があった。悲惨な記憶が生々しいはずの乗客を念頭に、状況をよく説明したという。

 40年前,由大阪飞往大分的全日空航班,(着陆时)右后轮无法弹出,于是折回大阪机场,靠着左后轮和前轮使机身安全降落。茂木敏夫先生作为那时的机长,记录了当时发生的情况。前年,在羽田机场附近洋面和松山附近洋面等地发生了4起坠机事故。对那悲惨的情况想必乘客们记忆犹新,据说茂木先生对乘客们的事很上心,详细地解释了飞机的情况。

 客室にも行き「機長を信じスチュワーデスの指示に従って下さい」と述べた。いよいよ着陸する時には、「何んとはなしにさっぱりした気分だった」(『片脚着陸』扁舟舎)。着陸後の茂木さんの様子を、副操縦士が書いている。乗客らの後に機を離れる時、茂木さんに促されて先に行って振り返ると、上着をおもむろに着て、クシで髪を整えながら悠然と歩いてきたという。

 他也去了客舱,说道“请相信机长,并遵照空中小姐的指示行事”。而愈发接近飞机着陆的时刻,“什么事也不要胡思乱想,要保持镇定”(《单轮着陆》扁舟文库)。事后对茂木先生在飞机着陆后的样子,副飞行员也做过记录。在乘客们之后离去的时候,被茂木先生吩咐先行离开,回头看时见到茂木先生正徐徐地穿起上衣,一边用梳子整理着头发一边不慌不忙地走出去。

 今回も、乗員の冷静さもあって、機内は平静だったようだ。しかし、このカナダのボンバルディア社製の同型機にはトラブルが相次いでいたという。出ない脚を手動操作で出したことも2回あった。

 这次也全靠机内工作人员的冷静行事,机内乘客也才镇定起来。但是,据说这种加拿大庞巴迪公司制造的同型号飞机接连出现过意外状况。还有两次是遇到机轮无法自动弹出时改为手动操作的情况。

 脚が出ない飛行機は、死と隣り合わせだ。いくら機長や乗員が踏ん張っても、大事故は必ず防ぎきれるものではない。見事な着陸は、悲痛な警告に見えた。 

 机轮无法弹出的飞机,就是与死亡比邻。无论机长和乘务人员再怎么坚持镇定,遇到重大事故时也不是一定能够力挽狂澜的。完美的着陆看似是悲痛的警告。

拍手[0回]

PR
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]