忍者ブログ
|| Admin ||
Life is a pure flame, and we live by an invisible sun within us.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/19 (Thu)
 作家の井上ひさしさんは、執筆が遅いので名高い。自ら「遅筆堂」を名乗るほどだ。あるとき、締め切りの言い訳に窮して、「田舎のお袋が死にました」。担当者は、まんまとかつがれた。早く帰郷するように上野駅まで車で送ってくれた、と自戒を込めつつ回想している。

作家井上hisasi爱拖稿是出了名的,连他自己都自诩为“拖稿堂”。有一次,实在找不到截稿时拖稿的借口,就谎称说“家乡的母亲去世了”。编辑完全被唬弄了。为了让他能早一点回乡还开车送他到了上野车站,编辑边回想着并引以为戒。

 井上さんも驚くだろう。「身内に不幸が…」と嘘(うそ)を言うなどして、有給の服喪休暇を取っていた京都市の職員42人が処分された。5年で計127回にのぼっていて、給与の過払いは100万円を超えるらしい。

井上先生应该也很惊恐吧。在京都,有42名职员因说了“亲人遭遇了不幸……”之类的谎言而取得了有薪服丧假期,并因此受到了处分。据说5年内这类事件上升到127起,(公司)支付的额外薪金超过100万日元。

 この間に12回という剛の者もいた。ある年は5回も身内を「冥土へ送っ」ていた。「不幸続きで気の毒に思っていた。休暇のために『死なせた』とは思ってもみなかった」と上司は困惑気味だ。

据说其中有顽劣者撒谎次数达12次之多。在某年内,竟有5次要为亲人“送终”。“当时觉得他连连遭遇不幸很是可怜,根本就不曾想过他是为了休假而‘赐死’他的亲人们。”上司对此很是困惑。
 不心得者の「犠牲」になったのは、おじ、おばが大半という。なるほど彼らは重宝な存在だったかもしれない。父母は2人、祖父母なら4人が相場だが、おじ、おばは数に決まりがない。何度も嘘がつけるし、「死なせる」罪悪感も親兄弟より薄い。職場の掲示や香典もないから、お手軽でもある。

据说成为这些轻率之人的“牺牲品”的大部分是叔叔阿姨之类。这也难怪,或许他们对撒谎者来说还是至宝也不定。一般人都是父母亲2人,祖父母4人,但叔叔阿姨的人数却不好判断。不管说个几次谎,比起是亲兄弟,“赐死”他人的罪恶感要微薄得多。而且在职场也不用告示或包白包,很是方便。

 とはいえモーセの十戒は「殺すなかれ」を説き、仏教の在家の五戒も「不殺生」を第一に置く。でまかせとはいえ、身内を人身御供にして休む日の朝、寝覚めがよろしいはずもないと思う。

话虽如此,在摩西十戒里有“不可杀生”一说,佛教俗家的五戒中也将“不杀生”摆在首位。笔者认为,信口开河地把亲人们当成牺牲品而换取休假,那即便是早上睡醒也不会有个好心情的。

 井上さんも、気分は重かった。上野駅で担当者が手渡してくれた紙包みには、香典の5千円札が1枚。あの時ほど筆の遅さを悔やんだことはないと、短い随筆『原稿遅延常習者の告白』で猛省している。

井上先生的心情也很沉重。在上野车站,编辑递给他的纸包中有一张作白包用的5千日元的纸币。没有比那时更让他悔恨于拖稿了,他在短篇随笔《拖稿惯犯的自白》中深刻反省着。

拍手[0回]

PR
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]