忍者ブログ
|| Admin ||
Life is a pure flame, and we live by an invisible sun within us.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/07/29 (Sat)
 「今まで子どもの空に包まれていたものは、じぶんたちの世界の半分にすぎなかったのです」。ドイツの児童文学『ふたりのロッテ』(岩波書店、高橋健二訳)の一節。別れた両親に一人ずつ引き取られた双子が、偶然出会って姉妹だと確信し、親のよりを戻そうとする物語だ。

“至今为止,孩子们的天空所包容下的东西,不超过其自身世界的一半。”选自德国儿童文学《两个洛特》(岩波书店,高桥健二译)中的一节。这个故事讲述了被离了婚的父母各自分开抚养长大的双胞胎姐妹,偶然相遇后相认并想要回到了父母身边。

 人種にもよるが、双子は出産100回にほぼ1組とされる。二つの人生はもつれながら次第に離れ、それぞれの終着を迎える。ロッテとルイーゼのように9歳で重なる人生もあれば、7歳で離れるそれもある。

虽然因人种不同而有差异,但一般每100个新生儿中就有1对双胞胎。尽管出生时两个人的人生紧密相联,但之后逐渐分离,最终迎向各自的归宿。有像洛特和露易丝姐妹这样在9岁时重逢的,也有双胞胎在7岁时就分开了。

 下半身がつながって生まれたベトナムの双生児は、88年の分離手術でベトちゃん「と」ドクちゃんになった。一昨日、兄のベトさんが亡くなった。分離前から脳を患い、26年の生涯はベッドの上だった。

在越南有对双胞胎出生时下半身就相连,在88年通过分离手术变成了贝托和多库兄弟。前天,哥哥贝托去世了。自他们分离前开始,哥哥就患有脑炎,之后26年的生命他都是在床上度过的。
 弟のドクさんは右足一本ながら、松葉づえで社会生活を送る。病院で働き、昨年12月には結婚もした。きのう営まれたベトさんの葬儀では「兄が私にくれた人生を精いっぱい生きてゆく」と語った。

弟弟多库虽然只有一条右腿,但他通过拐杖适应了社会生活。他在医院里工作,并于去年12月结婚了。在昨天举行的贝托的葬礼上,他说道“这是哥哥给我的人生,我会努力好好地活下去”。

 ベトナム戦争で、米軍は大量の枯れ葉剤を空中散布した。ゲリラが潜む密林と食料源を根絶やしにするためだ。薬剤には猛毒のダイオキシンが含まれ、生まれ来る「子どもの空」を今も覆っている。ベトさんたちは被害の生き証人だった。

在越南战争中,美军自空中散步了大量的枯叶剂,想要借此根除游击队潜伏的密林及食物来源。药剂中含有剧毒的二恶英,现在它仍然笼罩着新生的“孩子的天空”。贝托兄弟就是受害的活证人。

 体温と痛みを共有した兄弟も、人生は「等分」とはいかなかった。弟は各国で講演し、枯れ葉剤の非道を訴える。兄は同じことを、病床から無言で発信し続けた。ただ生き延びて、身をもって告発する。余人にできない重い務めを立派に果たした。

即时是体温和痛苦都共有的兄弟,其人生也不能说是“等分”的。弟弟到世界各国演讲,诉说枯叶剂的残暴。哥哥则在病床上不断无言地控诉着同样的事。只要还活着,就要全力告发美军的罪恶。他出色地完成了别人无法承担的重任。

拍手[0回]

PR
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]