忍者ブログ
|| Admin ||
Life is a pure flame, and we live by an invisible sun within us.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/17 (Tue)
 作家になる前の野坂昭如さんが作詞したその歌は、高度成長期の子どもたちを夢の世界へと導いた。「そらにキラキラおほしさま/みんなスヤスヤねむるころ――」(おもちゃのチャチャチャ=補作詞・吉岡治、作曲・越部信義)。

 野坂昭如先生在成为作家以前曾为之作词的的一首歌,将经济高速发展时期的孩子们带入了梦幻的世界。“夜空中繁星一闪一闪,大家正睡得香甜的时候……”。(玩具恰恰恰,补作词·吉冈治,作曲·越部信义)

 玩具に命が宿る構想は、95年の米国映画「トイ・ストーリー」にも通じる。長いこと一緒に遊んだおもちゃは家族も同じ。いよいよ捨てる時の寂しさは忘れがたい。

 给玩具赋予生命的构想,也贯穿在95年的美国电影《玩具总动员》中。长时间一起玩的玩具就像是家人一样,终将要被丢弃时的寂寞令人难以忘怀。
 各地の公民館などに、おもちゃの病院が生まれている。修理者を育てるおもちゃ病院連絡協議会(東京)の推計では、全国に300病院、ドクターは3000人。地方は「医師不足」で、これから退職する団塊の世代に期待がかかる。

 在各地的文化宫等地,开设出了玩具医院。据培养维修人员的玩具医院联络协会(东京)推算,全国约有300家医院,玩具医生3000人。由于地方上“医生不足”,而期待于即将退休的人口稠密的一代人。

 東京都足立区が4月に開く「おもちゃトレードセンター」は、区民が中古を持ち込むと点数化され、別の品と交換できる仕組みだ。壊れたものはボランティアが修繕し、直せなければ部品を再利用する。区内の玩具メーカーも協力を約束した。

 东京都足立区4月开设的“玩具交易中心”,是一个让区内居民将旧的玩具带来换成点数,然后可以用点数交换其它玩具的组织。坏掉的玩具由志愿者来修复,若修理不好则回收零件再利用。区内的玩具制造商也答应提供协助。

 人形のバネがロケットを救い、消防車の歯車で子犬が生き返る、玩具の臓器移植だ。不燃ごみを減らしつつ、モノを大切にする心を育てたいという。壊れたら捨てる、飽きたら買い替えるのでは、おもちゃたちも踊る気にならない。

 人偶上的发条能修补火箭,消防车上的齿轮能使小狗复活,这都是玩具间的“器官移植”。在减少不可燃垃圾的同时,也希望能借此培养孩子们珍惜物品的习惯。总是损坏了就丢弃,玩腻了就买新的的话,玩具们也没有了舞动的干劲。

 「私はおもちゃ持参で疎開した世代。ままごとのタンスをマッチ箱で作ったくらいだから、人形も絵本もボロボロになるまで手放しませんでしたね」。1962年の夏、NHKの初代「うたのおねえさん」としてあの歌を日本中に広めた、眞理ヨシコさん(東洋英和女学院大学教授)の感慨である。

 ”我是伴着身边的玩具长大的一代人,因为玩家家酒的衣橱也是用火柴盒做的,人偶和图画书即使玩到破烂不堪了也舍不得丢弃。“ 这是1962年夏,NHK第一代“唱歌姐姐”,将那首歌(《玩具恰恰恰》)唱到全日本家喻户晓的真理yoshiko(东洋英和女学院大学教授)发出的感叹。

拍手[0回]

PR
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]